FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤーオイエンタフォー 

プーケットには名もなき名店が数多くある。
正確には名もなきということはなく、名はちゃんとあるのだが何故か長年通っているのに
店の名前は誰も知らなかったり、言ったとしても誰にも通じない事も多い。
とても不思議である。
じゃあどうやってその店を呼ぶかと言うと、どこどこの近くの店とか、
地名と食べられる料理名でよんだり、そんなことが多いような気がする。

じゃあ私はここをなんて呼んでいるかと言うと、タウンで一番おいしいバーミー屋。
が、この店の正式名称はヤーオイエンタフォー。多分、ヤーオさんと言う人がやっている
イエンタフォー屋である。店名もかなり適当。笑
イエンタフォーはピンクの腐乳入りのスープの汁そば。独特の匂いと味があるので、
私は苦手だが好きな人には病みつきになるようだ。

さて、この店はこの島に来てもうすぐ20年選手になる私がここに来た当時からやっている。
今も昔も変わらぬうまさのこの店は案外ここに長い人でも知らない事も多い。
しかし、いつもタイ人のお客で盛り上がっている。
昔はおいしかったファンタシア裏の福建麺の店も、今では韓国人の観光客がごった返し、
先代のおばあちゃんがいなくなってしまってからは高いばっかりでめっきり味の方は落ちてしまった。
けれども、この店はガイドブックなどでも取り上げられているのを見たことがないので
本当の意味で隠れた名店と言えよう。

お勧めはバーミートムヤム。福建風の海老だしのスープにつるつるとした麺が入り、
具だくさん。いつも私は汁ありと汁なしの2種類を食べる。つまり2杯食べるということですな。
2杯するっといけてしまうほど本当においしい。
勿論、麺の種類は選べるので、店頭にある麺を指をさしてオーダーしよう。

イエンタフォーが好きな人はそれもいいかもしれない。何を頼んだらいいかわからない人は
是非一言トムヤムと言おう。そして好きな麺を指させばそれでOK。

夜遅くまでやっているので、タウンで飲んだ帰りに1杯食べて帰るのもいいかもしれない。

ヤーオイエンタフォー  営業時間午前11時から深夜1時まで。 
プーケットタウン、パティパット通り チャオファー通りをシャロン方面からタウンの中に入る。
スワンルワンを左手に見てカオランヒル方向に進み、左方向に行くとウイークエンドマーケットに
行く交差点をカオランヒル方向に50メートルほど進んだ左側。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

meothaiphuket

Author:meothaiphuket
『今日もおいしいもの食べた』はタイ料理から高級料理、そしてスナック菓子まで、おいしいものを求めて屋台から高級ホテルまで食べ歩くプーケットでも指折りの食いしん坊メオタイ先生のエッセイ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。