FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイティアオトムヤムの店 ドゥーディー

日本ではここ数年どんどんデフレが進んで、私が日本に住んでいた当時(約20年前)と比べるとかなり物価が安くなった。ネットを見ているとそれも一目瞭然。こちらで買うのよりかなり安く買えるものが日本にはあふれている。タイから日本へのタイ人向けのツアーも相当な客がいるらしく、時代は変わったなあとつくづく感じる。

それに比べてタイの物価は上がるばかり。
コメの値段は20年前と約3倍、ガソリンも約4倍の価格。それに対して給料は間違いなくそんなに増えていないので、庶民の生活は苦しい。そんな我が家も苦しい庶民であるので、子供が大きくなってきた昨今外食をする時も
いろいろ考えながら場所を選ぶことになる。そんな我が家の強い味方がこの店、ドゥーディー。街の食堂兼、クイティアオの店。

毎週この店の近くに用事があって、昼をここですますことが多い。
クイティアオ(汁そば)はほとんどが30B、注文して作って作ってもらうご飯のせ1皿が30B、それに目玉焼きか卵焼きを乗せても35Bという良心的価格設定の店。20年前でもクイティアオは15B~20B、ご飯のせ1皿が15B~20Bだった。この店は今でも私と子供2人の3人で食べても100B以内で収まる。

クイティアオはトムヤム味が人気だが、辛くない普通のスープもあるし、具もいろいろ選べる。
おすすめはやはりトムヤム味。すっきりしていてとても食べやすい。ご飯のせもいろいろ食べてみたが、どれもおいしい。私は麺が好きなのでいつもクイティアオを食べるが、息子は食べざかりなのでしっかりとご飯が食べたい。そんな時にもこの店ならどちらもあるので便利。また、それでももう少し食べたいときにはサテやルクチンの店も併設されているのでそれを少しつまむのもいい。

この店値段が安くておいしいのもあってか、いつもお客さんでいっぱい。
昼時はかなり混むので、それを避けた時間10時ごろからお昼、もしくは2時ごろからがお勧め。
ただし4時ごろには閉まってしまうのでご注意。

場所 プーケットメルリンホテル敷地内、マダムマッサージそば
営業時間 朝10時頃から午後4時頃まで
スポンサーサイト

ヤーオイエンタフォー 

プーケットには名もなき名店が数多くある。
正確には名もなきということはなく、名はちゃんとあるのだが何故か長年通っているのに
店の名前は誰も知らなかったり、言ったとしても誰にも通じない事も多い。
とても不思議である。
じゃあどうやってその店を呼ぶかと言うと、どこどこの近くの店とか、
地名と食べられる料理名でよんだり、そんなことが多いような気がする。

じゃあ私はここをなんて呼んでいるかと言うと、タウンで一番おいしいバーミー屋。
が、この店の正式名称はヤーオイエンタフォー。多分、ヤーオさんと言う人がやっている
イエンタフォー屋である。店名もかなり適当。笑
イエンタフォーはピンクの腐乳入りのスープの汁そば。独特の匂いと味があるので、
私は苦手だが好きな人には病みつきになるようだ。

さて、この店はこの島に来てもうすぐ20年選手になる私がここに来た当時からやっている。
今も昔も変わらぬうまさのこの店は案外ここに長い人でも知らない事も多い。
しかし、いつもタイ人のお客で盛り上がっている。
昔はおいしかったファンタシア裏の福建麺の店も、今では韓国人の観光客がごった返し、
先代のおばあちゃんがいなくなってしまってからは高いばっかりでめっきり味の方は落ちてしまった。
けれども、この店はガイドブックなどでも取り上げられているのを見たことがないので
本当の意味で隠れた名店と言えよう。

お勧めはバーミートムヤム。福建風の海老だしのスープにつるつるとした麺が入り、
具だくさん。いつも私は汁ありと汁なしの2種類を食べる。つまり2杯食べるということですな。
2杯するっといけてしまうほど本当においしい。
勿論、麺の種類は選べるので、店頭にある麺を指をさしてオーダーしよう。

イエンタフォーが好きな人はそれもいいかもしれない。何を頼んだらいいかわからない人は
是非一言トムヤムと言おう。そして好きな麺を指させばそれでOK。

夜遅くまでやっているので、タウンで飲んだ帰りに1杯食べて帰るのもいいかもしれない。

ヤーオイエンタフォー  営業時間午前11時から深夜1時まで。 
プーケットタウン、パティパット通り チャオファー通りをシャロン方面からタウンの中に入る。
スワンルワンを左手に見てカオランヒル方向に進み、左方向に行くとウイークエンドマーケットに
行く交差点をカオランヒル方向に50メートルほど進んだ左側。

クイティアオラーッドナー@クルアヤーイレック

3カ月ほど前からウオーキングを始めて、2か月前からダイエットをしている。
ダイエットと言ってしまうと、本当に厳しくやっている人たちから
「え~~それはダイエットではなく、ただの生活改善と言うのでは?」
とご指摘を受けてしまいそうだが、私の中ではとりあえずダイエットとさせていただこう。

やり方は、朝、昼、腹8分目から9分目、好きなものを食べる。夜は5時までに食べおえて、
夜のみ炭水化物を抜く。毎日朝1時間のウオーキングかホットヨガ、月から金曜日は
それに加えてダンスレッスン。ま、ダンスはダイエットとかとは関係なくお楽しみのためだけど。
40過ぎで始めたダンスだけどこれがもう楽しくてね。

というわけで、食べることが2の次になっているのでなかなか新しい店を開拓する機会もなく、
今回は新しいメニューをご紹介。
以前ムーカタでこのクルアヤーイレックさんはご紹介したのだけど、今日はクイティアオラーッドナー。
このメニューは以前からお店にはあったのだけど、少し前にちょっとだけ内容が変わりました。

実はパトンにこのラーッドナーがとてもおいしいお店があるんだけど、そこはセンヤイを
揚げやきにしたタイプ。揚げやきにするとね、外はカリカリで中はもっちり。
ちょうどお餅を揚げたものにあんかけをかけたみたいになるんです。
で、ある日クルアヤーイレックのレックさんに「麺を揚げ焼きにしてちょうだい」とお願いしてみることに。

最初はそんなのを作ったことがないシェフのレックさん。かなり渋ったけど
「すごくおいしいからやってやって」
とゴリおして無理やり作ってもらったのがその始まり。
もともとアンも、麺もすごくおいしかったんだけど、それがさらにパワーアップして、
他店のおいしいと言われてる店を軽く超えちゃった感じ。
それから、常連さんたちの高評価でそのまま定番メニューになっちゃった。

今では、それが看板メニューになって口コミでおいしさが広がってお客も増えたそう。
いや、でも本当にあのラーッドナーは多分パトンイチだと思いますよ、皆様。
パトンに来た際には、是非お試しあれ。

クルアヤーイレック  パトン村役場通り (ソイテッサバーンパトーンと言うとわかります)
村役場を右に見て約100メートル行った右側 レックさん携帯 086-2830098
営業時間 夕方5時ごろから深夜まで 現在店主のマキコさんは日本帰国中。
8月中旬ごろプーケットに戻る予定です。

香港麺@プーケットタウン

IMG_0885_convert_20100827180932.jpg
正直これをまっていました!!という店を見つけました。きっかけは、 中国人のお友達をもつ友人を車の助手席に乗せているときに、彼女が 「あーー。ここ、ここ。もう一度来たかったけど場所が分からなかった んだよねー」といったその一言。中国人の友人に以前つれてきてもらっ てとてもおいしかったものの、まったく場所が分からなかったとのこと。

そんなわけで、おいしいもの探検隊の私としてはもう行かずにはいら れない。友人を誘ってランチ時に行ってまいりました。 まずはメニューの中に見たことのないものを発見。アイスティーの中 にあずきがのっている!! 飲んでみるとあらびっくり。とっても甘さ 控えめの紅茶独特の渋みがきいたちょっとプーケットでは味わえないよ うなおいしいミルクティー、あずきもこれまた甘さ控えめでいい。

そして香港麺。私はワンタン麺の汁なしを頼みましたが、これがもう 大正解。マレーシアに行く度に食べまくっていた、ワンタンミードライ とほぼ同種。しこしことした細麺、ぷりっとしたえびワンタン、飲めば 飲むほどう~んとうなりたくなる深ーい味のスープ。最高です。

IMG_0883_convert_20100827181436.jpg この麺はここのオリジナルで、中国人のおじさんが竹の棒で何度もふ みふみして作っているとのこと。裏はこの麺工場となっています。

麺類 は汁なしでも汁アリでも50B。ミルクティーは25B。場所はプーケッ トタウン、市場近くのロータリーをチャオファー側に少し入ったところ。

香港麺 14 Bangkok Rd, Phuket Tel 076-257054
朝11時から夜9時まで 

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

特別編 麺好きメオタイ先生の麺ベスト3

noodle-mori.jpg
とにかく麺類が好きである。はっと気がつくと、3,4日ご飯やパンを口にしていないことに気づくほど。基本1日2食だが朝、昼、晩、3食麺でもかまわない。ここタイはそんな麺好きラーメン大好き小池さんを満足させる麺料理がた~くさんある。

ただ、タイ人にとって麺は食事ではなく、間食感覚。あくまでおやつであって、彼らの基本はご飯なのでその量はと~っても少ないことを覚えておいて欲しい。

さて、わたくし麺好き先生が勝手に選ぶタイの麺ベスト3。
まず第3位はパッタイ。直訳タイ炒め。日本からいらっしゃった方によく聞かれる麺の代表とでもいいましょうか。観光客の方はとにかくパッタイが大好き。お米で出来た細めの平麺を卵や海老、タイ風の焼き豆腐と甘しょっぱいソースで炒め、それに生もやしやにらを好みで入れて食べる。たまに無性に食べたくなるが、そこいらの食堂で食べるよりパッタイ専門の屋台で食べる方が断然おいしい。

そして第2位。写真のクイティアオヌアプアイ。タイで食べられる汁そばは大概バーミーナームとかクイティアオナームとか呼ぶが、各店のスープや具はそれぞれ。私が特に気に入っているのは汁が濃い目の茶色で具にとろとろの牛肉が入ったもの。これはどこにでもあるわけではない。

中国系タイ人は牛肉を食べない人も多いので、これは私行きつけのイスラムの食堂で食べることが出来る。場所はカリムビーチに面して小さな小学校があるのだがその脇の道を山側に50メートルほど入った左側。そのあたりにはここしか食堂がないのですぐにわかる。是非この店のクイティアオセンレックヌアプアイを食べていただきたい。他ではなかなか味わえないおいしさだ。

そして第1位。クイティアオラーッドナー。米で出来た太い平麺にあんかけがのったもの。ただしこの麺はおいしいものとおいしくないものにわかれていて見ただけではその判断は難しい。おいしくないものは伸びたきしめんみたい。おいしいものはむちむちとしていてちょっとてりがある。 以前、私はおいしくない方のタイプしか食べたことがなく、この麺がキライだったが、おいしい方のタイプに出会ってからとても好きになった。

パトンではサイナムイエンにあるバーンボアというゲストハウス横の食堂のものがおいしい。といっても私もまだまだ食べつくしているわけではないので、皆さんも是非自分の足でお好みの一品を探していただきたい。
プロフィール

meothaiphuket

Author:meothaiphuket
『今日もおいしいもの食べた』はタイ料理から高級料理、そしてスナック菓子まで、おいしいものを求めて屋台から高級ホテルまで食べ歩くプーケットでも指折りの食いしん坊メオタイ先生のエッセイ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。